【経審技術力評点に民間資格「解体工事試験」「基礎ぐい工事試験」が追加】

〓〓〓〓〓  mfacニュース 平成28年8月2日配信  〓〓〓〓〓〓〓

★経営事項審査の技術力評点Zにおいて、
その評価対象となる技術職員資格に
「登録解体工事試験」と
「登録基礎ぐい工事試験」の
2つの民間資格が正式に追加されました。
両資格とも、
2級技術者と同等の2点評価となります。

前回お知らせしたニュースの続報です。
中建審総会(7月29日開催)で了承、
8月1日付官報第6828号に、
建設業法施行規則改正が掲載され、
同日施行となっています。

解体工事業が許可業種として追加され、
その一般許可にかかる技術者要件に、
登録解体工事試験・登録基礎ぐい工事試験の合格者が
位置付けられたことをうけて、
経審の技術力評点にも、
これらの資格を反映したということになります。


 詳細は、こちら→ 
「民間工事指針の成果報告/中建審総会2資格を経審評価」

(建設通信新聞より抜粋)


*******************************************************************************

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ