【国交省/3年後から許可・経審の電子申請化、経管要件緩和なども盛込む】

〓〓〓〓〓  mfacニュース 令和1年9月6日配信  〓〓〓〓〓〓〓

★国土交通省は2022年度から、
建設業許可や経営事項審査の電子申請を
開始する方針を固めました。

今現在、書面で申請が行われている
これらの手続きについて、
申請の電子化や審査担当による電子的な確認(審査負担の軽減)、
及び、申請書類の簡素化によって、
申請者、許可・審査行政庁双方の、
手続き事務の効率化、生産性の向上を図るとしています。

これに合わせて、
来年度予算概算要求に、
「建設業許可等の電子申請化に向けた調査・検討」として
6000万円を計上しました。

経管の見直しに関しては、
当初は、”経管の廃止検討”という認識でした。
報道も同様の記事を発信しておりましたが、
その後の国交省局長級の発言で「経管要件の合理化」と、
若干弱い表現になっています。
結局のところ、
経管要件の緩和というところで落ち着きそうな気配です。

3年後には、
許可・経審申請ともに電子化されることになりますが、
具体的なスキームや申請方法など、
詳細はこれから詰めていくことになるでしょう。
また、許可行政庁(大臣と知事)によって、
導入にタイムラグがある可能性も考えられます。
申請を行う立場からすると、
簡単に使用できて、且つ、出来る限り統一性のある
電子申請システムであることが望まれます。


 詳細は、こちら↓ 
「国交省/許可・経審の電子申請、22年度スタート/書類簡素化も検討」
(日刊建設工業新聞より)


*******************************************************************************

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ