【国交省/経審改正案 CCUS登録上位レベル 4月から技術力Zで加点】

〓〓〓〓〓  mfacニュース 令和2年2月19日配信  〓〓〓〓〓〓〓

この4月から、
経審の評価項目である技術力Zの加点対象として、
建設キャリアアップシステム(CCUS)に登録された技能者のうち
レベル4とレベル3の技能者が追加されます。
国交省は、
建設業法施行規則改正案について
パブリックコメントの募集を開始しました。

改正案では、
「登録基幹技能者講習を修了した者に準ずる者として
国土交通大臣が定める者」
との規定が追加され、
具体的には、
CCUS登録技能者のうちレベル4とレベル3が対象、
加点される点数は、以下の通りです。
・レベル4技能者・・・3点(有資格区分コード 704)
・レベル3技能者・・・2点(有資格区分コード 703)

この改正は、
国交省として、
建設キャリアアップシステム(CCUS)の活用促進を進めたい
という背景があるようです。
CCUSの制度では、
各専門工事業者団体が主体となり、
登録基幹技能者制度を柱にして、
経験年数や資格・スキルを加えた
評価基準を作成し国が認可、
これをもとに、
技能レベルが付与されます。
登録申請の手順や必要書類などをみると、
手軽に登録とは、いかない印象を受けますので、
技能者登録などCCUSの普及が、
当初の目論見ほどには進んでいないということでしょう。
 ※CCUSへの登録申請などについては、
  (一財)建設業振興基金にお問い合わせください。

この改正は、
公布:令和2年3月下旬(予定)
施行:令和2年4月1日(予定)
となっています。
パブリックコメント募集の段階では、
改正省令案文の公開はなく、
「省令案の概要」のみの掲載となっています。

このほか、
大臣許可に関して、
4月1日から以下のような取扱いとなります。
詳しくは、各整備局へお問い合わせください。
 ・大臣許可関連の提出書類の都道府県経由事務の廃止
  (各整備局・開発局へ、郵送または持参による直接提出)
 ・大臣許可の許可証明書発行の取扱い厳格化
  (更新申請中或いは災害等特段の事情が有る場合のみ発行可)


 詳細は、こちら↓ 
「国交省/経審改正案公表/CCUSレベル判定結果を技術力評価対象に、4月1日施行」
(日刊建設工業新聞より)

「建設業法施行規則の一部を改正する省令案に関するパブリックコメントについて」
(e-Govパブリックコメント募集画面より)


*******************************************************************************

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ