【経審改正/Z1監理技術者補佐を加点、W10技術・技能向上の取組新設 他】

〓〓〓〓〓  mfacニュース 令和3年4月1日配信  〓〓〓〓〓〓〓

★4月1日、
経審改正が施行されました。
3月26日に公布された、
国交省からの経営事項審査の改正告示を受けて
経審の事務取扱いに関する国交省通知も改定されています。
改正される指標は、以下の通り。
・技術職員数(Z1)
・労働福祉の状況(W1)
・建設業経理の状況(W5)
・建設従事者の技術び技能の向上に関する取組の状況(W10)

内容を見てみると
①Z1
 「監理技術者補佐」が技術職員の区分として追加され、4点加算
②W1
 法定外労災の加点対象を拡大
③W5
 公認会計士・税理士、建設業経理士への研修受講要件設定
④W10(新設です)
 指定団体の研修など受講によって取得したCPD単位とその人数を
 評価・加点

国交省関連の発注機関では、
新基準での入札参加資格の再認定を
受け付けるようです。

国交省ホームページに掲載された
「経営事項審査の事務取扱いについて」は、
改訂版がアップされていますので、
ご覧ください。

 詳細は、こちら↓ 
・「国交省/4月1日に経審改正/CPD単位取得者とCCUSレベル向上者を評価」
(日刊建設工業新聞より)

・経営事項審査の主な改正事項(令和3年4月1日改正)

・「経営事項審査の事務取扱いについて(通知)」
(国交省ホームページより)
※通知日付が”平成20年1月31日”となっていますが、改正内容が反映されています。


*******************************************************************************

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ