公共工事受注を見据えた経営事項審査セミナー

【セミナー名】
 公共工事受注を見据えた経営事項審査セミナー
 ~点数の増減で一喜一憂しない、経審点数マネジメントのすすめ~

【対象】
  ・経審の経験がまだ少ない行政書士の方
  ・建設業者の総務の方

【日時】
  2014年6月10日(火)18:30~20:30 ※開場:18:15(15分前)~

【費用】
  3,000円(税込) ※限定10名のため、ご入金の確認ができ次第、先着順とさせていただきます。

【会場】
  〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 きゅりあん 5F第一講習室
  (JR京浜東北線・りんかい線・東急大井町線の大井町駅より徒歩1分)

【主催】
  株式会社経営状況分析センター

【講師】
  小林裕門先生(行政書士・建設法務アドバイザー)

【内容】
  『 経審と入札制度 』
   ・経審の目的ってなんですっけ?
   ・入札制度はどうなっているか?
   ・行政書士が申請だけではなくお役に立てる価値とは
   ・入札参加を見据えた経審の必要性

  『 経審のメカニズム 』
   ・経審の評価項目にはどんなものがあるか?
   ・先輩たちはどんなことをして点数を上げているのか。
   ・逆に、点数を下げないためのノウハウとは

  『 実際にシミュレーションしてみよう 』
   ・サンプルデータを使って、実際にシミュレーションを実演
   ・1章でお話した「入札参加を見据えた経審」の意味を理解していただけると思います。

    ※内容は、一部変更になる可能性があります。

【申込方法】
  info@mfac.co.jp 宛てに、「セミナー名」、「参加する方のお名前」、「ご連絡先(電話番号)」をお送りください。

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ