【経審改正 CCUS導入や対象建機の機種追加など、加点項目追加 中建審で提示】

〓〓〓〓〓  mfacニュース 令和3年10月20日配信  〓〓〓〓〓〓〓

★国交省は15日、
中央建設業審議会の総会を開催し、
経審の加点項目追加について
その方向性を示しました。

主な追加項目は、次の通り。
 ①CCUSを現場に導入する元請企業を評価
 ②災害対応で使われる建設機械を加点対象に追加
 ③ワーク・ライフ・バランス(WLB)の評価項目の新設

①CCUSと③WLBは、担い手確保の観点から、
②対象建機追加は近年の激甚災害頻発化を受けてのものです。
WLBでは、
企業が取組む就労・雇用管理の実施状況について、
厚労省が認定制度を設けており、
 「くるみん認定」 → 子育て支援に取り組む企業の認定
 「えるぼし認定」 → 女性活躍の促進に取組む企業の認定
 「ユースエール認定」 → 若者の採用・育成に積極的な企業の認定
の3種の認定に基づいて、
加点するとしています。

この総会では、
建設業界各団体側からも
概ね賛同意見が示されたようです。

現段階では、
国交省から当総会の議事録は公表されていませんが、
年内か年明けに、
改めて、中建審総会を開催して、
加点幅やその条件、ウェートなどを具体化する予定です。

 詳細は、こちら↓ 
・「国交省/経審改正で方向性提示/CCUS現場導入を加点評価、災害対応など対象拡充」
(日刊建設工業新聞より)


*******************************************************************************

各種ご案内

会員登録はコチラ

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ